雑貨EXPOへ出展いたしました!

  去る2021年6月30日-7月2日に開催された「国際雑貨EXPO」に出展し、

盛況の内に閉会することができました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。


 弊社のゴム技術は、接着剤レスでゴムを異素材と結合することをテーマに開発を進めております。

今回、より幅広い分野のお客様へ知って頂くため、初めて雑貨EXPOに出展させて頂きました。

コロナ禍の厳しい状況でしたが、多数のお客様にお立ち寄りいただきました。

貴重な出会いにも恵まれ、新たな分野への挑戦が始まってきています。


 感染症防止対策のため大きい会場へご来場できなかったお客様へ

弊社では、ゴム部品をご利用の企業様(主に設計部門の方)を対象に、

ゴムの基礎やトラブル対策などをテーマとした訪問セミナーを実施しております。

ご希望の方は、お気軽にご相談ください。


より詳しい情報は弊社ホームページをご覧ください。

既存ゴム製品のトラブルやゴムを利用した新規開発案件など、ゴム製品に関してのお問い合わせはこちらから宜しくお願い致します。



ゴム製品ができるまで

 ゴムが材料の段階から、お客様の手に届く製品の状態になるまでの流れをご紹介します。(弊社ゴムローラー製造工程の場合)


①配合

製品に要求されるスペックに合わせ、ポリマーの選定や各種配合剤の配合設計を行います。



②混練り

ベースとなるポリマーに各種配合剤を均一に分散するよう練り込みます。

また、正しく練り込まれているかをキュラストメーターにて確認します。



③成形

混練りされた材料を、成型機にセットされた金型にインサートし、熱と圧力をかけ、加硫(架橋)反応により成形します。



④研磨

成形されたゴム物性や要求スペックを再現するため、適正な条件を見つけ表面の研磨を行います。



⑤(組立)

形状や要求スペックを満たす組立方法を選択し、組立を行います。(要求スペックや形状により、軸などに直接焼付を行います)



⑥検査

製品の形状や精度などにより適正な測定機器を選定し実施します。



弊社のゴムは樹脂製品に多い射出成形ではなく、一回一回、金型でプレスを行い成形します。

そのため時間はかかってしまいますが、熱と圧力と想いを込めることで高い物性を実現することができます。



より詳しい情報は弊社ホームページをご覧ください。

既存ゴム製品のトラブルやゴムを利用した新規開発案件など、ゴム製品に関してのお問い合わせはこちらから宜しくお願い致します。


ゴムとプラスチックの違いとは?

普段の生活の中でゴムは欠かせないもので、触れる機会が多いと思います。

それでは今身近にあるゴムは本当にゴムなのでしょうか?

もしかしたらそれはゴムのような性質を持ったプラスチックかも知れません。


ゴムの特徴として弾んだり伸び縮みする特性がありますが、実はプラスチックでも熱可塑性エラストマー(以下、TPE)と呼ばれる弾んだり伸び縮みする特性を持った材料があります。

こうしたTPEはシャープペンシルの滑り止めやスマホケースといったものに広く使用されています。


ではゴムとTPEとの違いは何でしょうか?

それは、熱可塑性か熱硬化性という特性の違いです。熱可塑性はチョコレート、熱硬化性はクッキーのような特性であり、熱を入れると溶けてしまうTPEと逆に硬くなるゴム(熱硬化性)ということになります。

※熱可塑性と熱硬化性について詳しくは後日ご説明いたします。


この違いによって次のような差が出てきます。

ゴムは熱と圧力をかけることで様々な高い物性を発揮する材料です。

この物性を発揮する理由はゴムの架橋(加硫)現象によるものなのですが、詳しくはまた後日ご説明いたします。

しかしその代わりにTPEより重く、溶かして再利用することが難しいという弱点もあります。

製品により優れた物性を持たせたいとご希望の際は、ゴムを一度ご検討頂けると幸いです。



より詳しい情報は弊社ホームページをご覧ください。

既存ゴム製品のトラブルやゴムを利用した新規開発案件など、ゴム製品に関してのお問い合わせはこちらまで宜しくお願い致します。


中野製作所のオリジナルキャラクター紹介します!

弊社はゴムをより身近に感じてほしいという想いで生まれたオリジナルキャラクターが何人もいます。

ホームページやパンフレットに時々現れるのでよかったら探してみてください!


キャラクターNo.1
ニップ君
中野製作所のゴムローラー技術のキャラクター
相手を柔らかい身体を活かして包み込み
時に反発して後押ししてくれる


キャラクターNo.2
ミューちゃん
中野製作所のゴムローラー技術のキャラクター
どんなに濡れた路面でも滑らない
しっかりと地に足着いた考えを持っている



キャラクターNo.3
ろっくん
ゴムと樹脂を化学結合する技術「Radicalock」のキャラクター
本来くっつかない相手を結びつける愛に溢れているのですが
実は隠れた一面が・・・


キャラクターNo.4
ぶらっくろっくん
ろっくんの別の姿
何でもくっつけようとするので
くっつかなくても良いところまでくっつけてしまう困ったキャラクター


キャラクターNo.5
べーる君
特殊配合のゴム被膜を化学結合する技術「Radicalock VB Latex」のキャラクター
ソフトテニスが好き
得意技はドライブショット


今後も色んなキャラクターが増えていく予定なのでお楽しみに!




より詳しい情報は弊社ホームページをご覧ください。

既存ゴム製品のトラブルやゴムを利用した新規開発案件など、ゴム製品に関してのお問い合わせはこちらから宜しくお願い致します。


はじめに

当ページはゴム製品・部品の製造メーカー中野製作所のスタッフコラムです。


コラムでは既にゴムと関わってきている方に限らず、ゴムの特性を製品に活かしてみたい、今まで触れたことのない材料を取り入れてみたい、そういった方々に対して、弊社が取り扱っているゴムの魅力をご紹介してまいります。


そのほか、ゴムをより身近に感じて頂くための企画等も考えておりますので、お気軽にご覧ください。


不慣れなことでお見苦しいことと存じますが、何卒宜しくお願い致します。


中野製作所スタッフ